薬物療法は信頼度の高い精神科で【メンタル安定で毎日を楽しむ】

治療

メンタル面をサポートする

鬱

精神科においては薬物療法が提案されており、薬の処方の工夫によって心身的に様々なメリットが得られ、安全に治療を進めることに結び付けられます。精神科で処方される薬も、心の病や症状によって適した薬が処方されていますが、一般的には抗うつ薬が用いられるケースが多いのが実情です。精神科を受診する患者の多くがうつ病患者であるため、効果は最大限発揮され、強迫症状にも効果的ですし、うつ症状で見受けられる睡眠障害となる睡眠薬の代用としての使われ方も可能となる場合も挙げられています。さらに、幻覚や妄想などの精神病特有の症状に対して抑制できる処方や、不安やイライラなどに広く使われる薬物療法なども提案されています。これまで薬物療法においては、副作用などのリスクが大きく、服用に関して調整する必要が挙げられており、薬剤指導を重要視してきた背景があります。副作用は付き物とした考えであったものの、精神科の薬に関しては眠気や便秘などの軽い副作用であり、多くの場合には一時的な場合が多い特徴があります。このことから不安要素となるダメージ軽減が図れ、よくありがちな勝手な判断による服用を止める行為に発展せず、早期治療や緩和に繋げられるメリットがあります。

これまで同様、現代病として国を挙げて取り組んでいるうつ病や躁うつ病、さらに精神分裂病などの病気を改善させたり、完治させるための治療を行うのが精神科の最大の特徴です。近年ではメンタルヘルス不調においての治療にも邁進しており、拒食症や過食症、さらにはアルコールや薬物依存などにおける症状の改善、回復などまでを提案しています。精神科においては、メンタル知識を深めた専門の医師が1人1人に合わせて治療を試みるのが特徴的で、ひたすら患者の話に耳を傾けるカウンセリングとなる精神分析治療を提案したり、症状にあわせた薬物療法との併用、さらには心の病であるものの、重症化する場合には入院による検査や治療が進められるケースも精神科の特徴の1つです。内科や外科などとは異なり、精神科でできることには限りがあり、心のバランスは回復させることができるものの、完治させることは専門科であっても困難となります。患者の気持ち次第でバランスは崩れやすく、キズを治すのではないために再発リスクはゼロではないことも挙げられます。精神科においては、経験や知識、実績やノウハウ豊富な医師が、患者の努力を支えながらその先の方向を指し示す役目を果たしているだけであり、緩和などは患者自身による努力が必要不可欠となります。

心の病で訪ねる場所

医療ベッド

精神科では、各種精神疾患や依存症を扱います。現在の日本では「精神科」の代わりに「心療内科」などと名乗ることも多いです。小さなメンタルクリニックから、入院もできる専門病院まで、さまざまな施設があるでしょう。

ストレス社会に不可欠

うつ

今日の社会は生活のあらゆるシーンでストレスを生じさせる要因が増加しており、また医学の進歩によって精神疾患と認められる症状も増えています。更に企業なども精神疾患の可能性を感じたら積極的に精神科への受診を促しているのです。

最近人気の診療科

うつ

精神科では、最近増えているうつ病やパニック障害などの精神的な病気を扱います。最近の精神科は、以前とは打って変わった明るい雰囲気が取り入れられており、若い受診者も増えているのが特徴です。

心の病について

ベッド

精神科で気をつけることは、治療には、時間かかかること、また、すぐに病名がわからないことです。そして、自己判断で治療をやめないことです。精神科へ行くハードルが一昔前に比べて低くなっているので、行きやすくなっています。